定年後の夫婦 定年後のお金皮算用 老後生活皮算用
E-mail
スマホページへ

財形年金

 

財形年金は、事業主(会社)を通じてお金を積み立てて60歳以降に5年以上の期間、年金として受け取ることが出来るもので「勤労者財形形成貯蓄制度」と言うそうです。

財形年金貯蓄は、会社が「勤労者財形形成貯蓄制度」を導入しており55歳未満であれば行う事ができます。

私の会社も、この制度を導入しており既に満額払込み済みとなっています。私の場合は、10年間毎年約59万円の受取となっており改めて定年後の大きな糧、特に、退職直後からの5年間には大事な資金となります。

要件を満たせば、財形住宅貯蓄と合わせて元利合計で550万円(保険型商品の場合は払込累計額で385万円)まで利子等が非課税となり有利です。

 
 

財形年金の種類

○ 一般財形貯蓄

○ 財形住宅貯蓄

○ 財形年金貯蓄    の三点を利用することが出来ます。

 

財形年金貯蓄要件

○ 契約締結時に55歳未満の勤労者であること

○ 事業主を通して賃金から天引きで預入すること

○ 5年以上にわたって定期的に積立てること(実際の積立てが必要)

○ 積み立てた資金は、年金の支払い等の場合を除き、払出しをしないこと

○ 年金支払開始時までに据置期間を置く場合は5年以内であること

○ 年金給付は60歳以降、契約所定の時期から5年以上にわたり、定期的に受け取ること

(生保、損保には終身型もあります。)